カーペットクリーニング・椅子クリーニングとシミ取りの専門

カーペットクリーニング

カーペットクリーニング

 カーペット管理とは

日本はカーペット文化の欧米と比較してカーペットのメンテナンス意識が低く、
その結果カーペットの張替え時期が早いのだと言われます。

しかし現在の不景気の中では安易に張替えという訳にもいきません。
その結果、多くの施設やホテルのカーペットは汚れやシミに悩んでいます。

施設のカーペットは長く使えて、日常的にも清潔であるべきです。
なお且つ低コストで維持管理できればベストと言えるでしょう。

 浪費を回避する

日本でのカーペット洗浄の現状は残念なことに「安かろう悪かろう」が主流になっています。また、汚れや悪臭がしたり、最悪はカーペットを傷めて逆効果の場合もあります。

相見積もりで安い業者を選ぶ、このやり方は本当にお得でしょうか?
意外と思い込みだけで無駄な浪費を重ねているのかもしれませんよ。

今一度、足元のカーペットをご覧ください。
お客様に対しての空間的サービスを怠っていませんか?

この床の現状こそが、施設の姿勢を如実に現わしているのです。
是非、エコライブサポートにカーペットの管理をお任せください。

全自動カーペットクリーニングシステムの特徴


VS1

本システムは独自の円筒型のブラシによって低湿洗剤泡をカーペットパイルにすき込み、速やかに汚れを分解します。洗剤泡に溶け込んだ汚れは、本体内臓の強力バキュームでただちに吸引除去されます。
パイル深部からのクリーニングと乾燥をこれほど短時間で完了するシステムは他にありません。

  • 低湿ですから、ぬれ過ぎが原因で発生する菌類やカビの発生を
    阻止し、カーペットの縮みの心配もありません。

作業工程


カービー

バキューム1
アップライトバキュームでカーペットの内側の乾いている
ホコリを徹底的に除去します。


真空掃除機

バキューム2
ポット型掃除機で壁際の隠れたホコリを除去します。


前処理

前処理
洗浄前に汚れの強い箇所を中心に前処理剤を噴霧し、
汚れを分解させます。


ポリッシャー

洗浄1
カーペット表面のしつこい汚れをブラシの刺激と
界面活性剤の作用で繊維から遊離させます。


VS1

洗浄2
カーペットの毛足の根元から汚れをかき出し、
同時に泡洗浄と汚水回収をします。
3~4時間で乾燥します。


補助作業

補助作業
機械のあたらない壁際等は手作業で行ないます。


仕上げブラシ

仕上げ
目立てブラシで毛並みを整えて乾燥させます。

カーペット施工例

カーペットクリーニング価格表


a:14755 t:1 y:0


powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional